企業法務は専門家の弁護士を探そう!

企業再生にも

Written on 16年11月28日   By   in 未分類

弁護士への企業法務相談は大きなメリットがあります。特に自分達だけではどうにもならないような企業再生する場合などは、現場だけでなく専門家による法的な観点からのアドバイスをしてもらえるので、思わぬ所から再生の糸口を掴む事ができるからです。
 
弁護士への企業法務相談をする際に最もポイントになる事は経験値です。これまで自分達の会社と同じような会社の企業再生を行って来ている弁護士は、これまでの経験や実績を踏まえて再生、精算、法的整理、私的整理についてのアドバイスをしてもらう事ができますので、非常にフラットな状態で適切なアドバイスをしてもらえます。特に企業再生を考える場合には、プランニングが実現可能かどうかなどを、これまでの経験や実績を基に分析してもらうことができます。
 
もちろん財務内容においてもしっかりと踏み込んだアドバイスをしてもらう事が可能です。企業再生にあたって企業の資金繰りであったり、事業計画の立案などをしてもらいながら、法的な部分からも的確なアドバイスをしてもらい、合理的に企業再生をする為の手助けをしてもらうことができます。そのため、弁護士に相談する場合には、値段ではなく企業法務相談の実績のある弁護士が有利になるという事なのです。

弁護士の選び方

Written on 16年11月15日   By   in 未分類

最近では、会社で顧問弁護士を雇い入れる方が増えて来ています。顧問弁護士に支払う金額もそれほど安い物ではありませんので、どうせでしたら実力のある弁護士と契約したいというのは、どの企業でも考える事だと思います。そのため、顧問弁護士の選び方を知るのはとても重要な事になります。
 
弁護士といってもかなりの人数がおりますので、全くのゼロから選ぶのはとても骨が折れる作業になる事は間違いありません。そのため、弁護士を選ぶ場合には、過去の実績に注目する事がポイントになります。過去に企業の顧問弁護士をしていた実績のある弁護士の中で、経営している業務と同じ分野で活躍している弁護士でしたら、こちらがいちいち指示をしなくても十二分に仕事をこなしてくれます。また前以てトラブルになりそうなポイントを理解してくれていますので、先回りしてトラブルを回避してくれる力があります。
 
顧問弁護士を雇う事で、従業員同士のトラブルであったり、連携して事業を進めて行く企業同士の交渉や契約などきちんとした内容で解決していく必要があります。特に起業法務の分野では、知識が無い為に一方的にこちらに不利な条件で契約する事を防ぐ意味でも、企業法務に強い弁護士と契約する必要があるのです。

弁護士の重要性

Written on 16年10月31日   By   in 未分類

2016年現在、日本国内にある中小企業の約400万社の中で、従業員が51名以上の企業で90パーセント以上の会社が、10名以下の比較的小規模の会社でも60パーセント以上の会社が弁護士への相談したり依頼を行ったりしています。訴訟などの大きな問題の時だけでなく、常日頃から必要になる契約書作成時のチェックであったり、債権回収業務や労働問題など、専門家の意見が必要な時に弁護士の意見を聞く機会が増えています。
 
色々と細分化している今の日本社会において、会社を経営する事と法律問題はとても親密な関係になっており、どんな企業でも法的なリスクは常に付きまとっている事になります。もしかしたら法的な問題はこの先無いかも知れませんが、もしあった時に大きなダメージを被る事になります。車をぶつけてしまった時の為に、任意保険に加入するのと同じく、転ばぬ先の杖のような形で会社は常に法律関係に詳しい方をそばに置いておく、顧問弁護士と契約しているのです。
 
とくに新規事業を立ち上げるためには、紛争を予防したり、紛争が起きてしまった時などには解決する力が必要になります。もちろん税理士や司法書士などの専門家に頼る場合もありますが、どちらにしろ総合的な判断をしてくれる弁護士の存在はとても重要な物になってきます。

弁護士へ企業法務相談

Written on 16年10月18日   By   in 未分類

弁護士への企業法務相談は、これからの時代を生き抜いていくためにはきわめて重要な事になります。最近では日本でも法律関係のバラエティが一般的になり、これまで当たり前だと思っていた事が、実は法律に則していないような事に気付くようになってきています。日本もアメリカのような訴訟大国とまではいきませんが、しっかりと法律に則って問題を解決するようになってきていますので、企業経営もしっかりとした法律に強い弁護士のアドバイスが重要になってきます。
 
そのため、どこの企業でも弁護士への企業法務相談は欠かせなくなってきております。訴えられた時だけでなく、日常業務で法律関係の知識を持っている方にアドバイスを貰いたい時や、日常業務において契約書などのチェックなどありとあらゆるタイミングで弁護士の力を借りる可能性がでてきます。そのため、何かあった時だけ弁護士を利用するのではなく、常日頃からトラブルが起きないようにと会社で顧問弁護士との契約をされる方が増えているのです。
 
しかし、これまで弁護士に頼らずとも順調に経営してきた方にとって、不必要な出費であると考えたり、自分の会社には必要がないと思われる方もいらっしゃるかも知れません。そこでこちらのページでは、これから日本国内で会社を経営していく上で、必ず必要になるであろう弁護士の重要性についてご紹介させて頂きます。これから10年先、20年先を考えているのでしたら、ぜひチェックしてみてください。