企業法務は専門家の弁護士を探そう!

月別: 2016年10月

弁護士の重要性

2016年現在、日本国内にある中小企業の約400万社の中で、従業員が51名以上の企業で90パーセント以上の会社が、10名以下の比較的小規模の会社でも60パーセント以上の会社が弁護士への相談したり依頼を行ったりしています。訴訟などの大きな問題の時だけでなく、常日頃から必要になる契約書作成時のチェックであったり、債権回収業務や労働問題など、専門家の意見が必要な時に弁護士の意見を聞く機会が増えています。
 
色々と細分化している今の日本社会において、会社を経営する事と法律問題はとても親密な関係になっており、どんな企業でも法的なリスクは常に付きまとっている事になります。もしかしたら法的な問題はこの先無いかも知れませんが、もしあった時に大きなダメージを被る事になります。車をぶつけてしまった時の為に、任意保険に加入するのと同じく、転ばぬ先の杖のような形で会社は常に法律関係に詳しい方をそばに置いておく、顧問弁護士と契約しているのです。
 
とくに新規事業を立ち上げるためには、紛争を予防したり、紛争が起きてしまった時などには解決する力が必要になります。もちろん税理士や司法書士などの専門家に頼る場合もありますが、どちらにしろ総合的な判断をしてくれる弁護士の存在はとても重要な物になってきます。

16年10月31日     0 Comments

弁護士へ企業法務相談

弁護士への企業法務相談は、これからの時代を生き抜いていくためにはきわめて重要な事になります。最近では日本でも法律関係のバラエティが一般的になり、これまで当たり前だと思っていた事が、実は法律に則していないような事に気付くようになってきています。日本もアメリカのような訴訟大国とまではいきませんが、しっかりと法律に則って問題を解決するようになってきていますので、企業経営もしっかりとした法律に強い弁護士のアドバイスが重要になってきます。
 
そのため、どこの企業でも弁護士への企業法務相談は欠かせなくなってきております。訴えられた時だけでなく、日常業務で法律関係の知識を持っている方にアドバイスを貰いたい時や、日常業務において契約書などのチェックなどありとあらゆるタイミングで弁護士の力を借りる可能性がでてきます。そのため、何かあった時だけ弁護士を利用するのではなく、常日頃からトラブルが起きないようにと会社で顧問弁護士との契約をされる方が増えているのです。
 
しかし、これまで弁護士に頼らずとも順調に経営してきた方にとって、不必要な出費であると考えたり、自分の会社には必要がないと思われる方もいらっしゃるかも知れません。そこでこちらのページでは、これから日本国内で会社を経営していく上で、必ず必要になるであろう弁護士の重要性についてご紹介させて頂きます。これから10年先、20年先を考えているのでしたら、ぜひチェックしてみてください。

16年10月18日     0 Comments